訪問看護ステーションの管理者像

CNSを目指すための実習のうち、
一番最初の2週間の役割実習Ⅰが終了しました。

CNSの役割を知るというのが、この役割実習Ⅰの目的ですが
訪問看護ステーションの運営・管理に関する事も学びます。
私の場合、研究テーマに訪問看護師の排便支援を選ぼうと思っていたので
排便に関するケアを行っている利用者宅の看護に同行し、
訪問看護師がどのように排便ケアを行っているか、客観的に見せていただきました。
課題だと思っていたことが、
訪問看護全体の課題なのか、
自分のステーションの課題なのか、
私という個人の課題なのか、
実はぐちゃぐちゃしていたことに気付かされました。

訪問看護ステーションの管理者さんは、
利用者さんのことも、スタッフのことも、そして自分自身のことも、
広い視野で、なおかつ細やかに情報をキャッチして、
必要な事を必要な時に判断しているのですよね。
私という学生1人についても、「こう対応したほうがいい」と判断して
対応法を変えてくださる。

あらためて、リーダーに求められているものは何なのか、
看護師という職業の専門性は何なのか、
考える機会になりました。

夏には、役割実習2があって、
冬には、それらをもとに、実践実習にのぞみます。

実践実習までに、少しは今の課題がクリアできていると良いなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA